2019年07月17日

2019年07月16日のつぶやき


posted by いっし〜 at 00:01| Comment(0) | 地域プロデュース

2019年07月16日

2019年07月15日のつぶやき


posted by いっし〜 at 00:01| Comment(0) | 地域プロデュース

2019年07月01日

【190630】大阪トラック スパーシティ スマートシティ構想

190630】大阪トラック スパーシティ スマートシティ構想

G20大阪トラック宣言
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/190628/mca1906281317009-n1.htm
スーパーシティ構想
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/supercity/supercityforum2019/supercityforum2019.html

G20で行われた、大阪トラック宣言。
日本主導デジタル関連のルールづくりである。

 データーの信頼性を保たないと、ボーダレスの交流が効率よくできない。
例えば、国境を超えたときの難民は、どう?その難民のアイデンティティーを確認できるかである。
今は、パスポートなどが存在しているが、難民にそのようなものはない。
事前に、国が、個人が登録をしとけばいいことである。信用信頼がある、プラットフォームである。現状、ブロックチェーン及び分散型台帳技術のプラットフォームを使った、実証実験をしている。個人認証、個人データーなどがボーダレスでできる仕組みである。

 そのやり取りを、世界中でできればいいことである。現状、インターネットなど今後は、5Gなどの有線無線の通信網ができあがる。或いは、衛星を使って宇宙を介してやり取りができる社会になりつつある。

 ある意味、ボーダレスである。技術的には、だが、現状はルール、決まりごとがバラバラである。ある、IT巨大企業が、通信からデーターまでシェアをしめてします可能性があり、現実にGAFAなどの企業が、占有している問題がある。今後は、中国もそうである。フォアウエィ(為華)、アリババなども今後、仲間入りする可能性が高い。

 でも、それらの仕様、ルールはバラバラである。早急な整備をしないと、一部の企業、国家企業に牛耳られるし、コントロールされてしまう。色々な、面で問題があり、今後拡大する状況を見据えて、ルールづくりである。流通のトレース、効率化もWTOにとって重要なことであろう。

 スーパーシティ、スマートシティもデーターが中心になり、スマートな都市、地域を作り上げることである。その中で、データーのやりとり、信用信頼の安全性が担保される必要性が高い。

大阪トラックとスーパーシティ構想は、並行して行わなければいけない。

今後の、重要な取り組み、問題点は、「人財」不足である。

よく見るのは、企業が流行りにのる、政府が関係者にやらせるなどは、縄張り争いが起き

「情熱」「質」 を低下させる。

はじめから、現状をリセットして「情熱」「質」を重要視する仲間でやるべきである。

大阪が中心になり、現状をリセットしてつくりあげてほしい。

仲良しこよしのチームでは世界で勝てる、チームにならない。

先ずは、つぶしあいでなく、切磋琢磨。
posted by いっし〜 at 18:57| Comment(0) | 世界事情