2019年04月30日

【190430 価値創造】グランドデザインを描ける土壌

【190430 価値創造】グランドデザインを描ける土壌

平成が終わるので、令和に向けて。

価値創造の中で、あらゆるステレオタイプ的な固定観念を取っ払った「創造」をする。あるいは「妄想」をすることである。

自由に発想をして、自由に考える。時には、自分の考えに受粉(新しい考え)してもらう。
そこから、生まれたものをどう、実現できる。実行できるかである。

実現できる。実行できる。邪魔を除いてゆく事が、今、重要な時期と考える。

例えば、寄付制度。ブロックチェーン技術の一つである、トークン(ある種の電子コインみたい)を発行してそれを寄付にする形である。電子コインを寄付として購入して、支援したい人にわたす。ネット上で寄付をする。ネット上でわたし、受け取る。シンプルかつスマートである。そこに法定通貨との換金する仕組みがローコストで、手数料がほぼ0にすれば、多くの方が寄付をする。寄付をしたら、所得控除の対象に電子空間で扱われる。

スマートかつシンプルでコストもかからない。なぜやらない?
規制など、管理側の都合である。一部でも、PoC(実証実験)してみたらいいのである。税金を徴税する。そもそもが、理解できることである。素晴らしい取組ではないだろうか?電子化で、寄付金の使われ方も、オープンになり透明化されるのである。

大きな課題である。スマートかつシンプルな「価値創造」の取組が多く存在しているのに、今の規制を考えて物事を行われなければいけない。世の中のために、なるであろう仮説がたてられる内容でもある。

本質をついた「価値創造」をするためには、ハードルがあり、それも一部の人を守るためのハードルである。そこを改善、改革しないと中途半端なもの、サービスになり世界の市場に売れるサービス、製品になり得ない。モノづくりも全く同じである。日本国内の基準(時間軸、品質、コストなど)で考えて「正」とする事を、改めることである。

製品づくり、事づくりで「イミテーションから妥協がないインプルーブ(改善)がイノベーション(革新)」である。範囲(ドメイン)にも左右されない。

それが、できる「制度」「仕組み」が本当の「価値創造」のはじまりでなかろうか。
自由な発想でグランドデザイン(価値創造)を描き、実行、実現できる土壌。

以上
価値創造プロデューサー 石神勝博
posted by いっし〜 at 15:13| Comment(0) | 価値創造