2015年12月28日

今後重要になる環境(エネルギー)プロデユース

日本のエネルギーに関しては、

原発に頼らないエネルギー供給が必要である。
@製造の品質から考えると、原発が約500基稼働で、
 日本(福島)ロシア(チュエルノブイリ) レベル7(2基)=数万テラレベル相当の放射性物質の外部放出
 PPMは、4000基、開発レベルであり
 世の中に出せない。6σ以上が当然である。
AFMEAでは、https://ja.wikipedia.org/wiki/FMEA
 原発は福島caseから、故障時の悪影響は無限大である。
B日本は、地震、噴火、テロのリスクがある。

現実ベースでは、
<維持>
日本の原発を止めても世界各国では稼働している。
よって、世界最高峰の日本の原発技術を維持しながら(故障時に
影響が少ない原発のみ稼働)、@〜Bを改善してゆく。
同時に、核廃棄物の処理技術も平行に進め、被爆時に対応できる医療技術
が国民が安全と認めるレベルに達した時に、原発の稼働を議論すべきである。
<コスト>
現状の原発は、イニシャルコストでは投資は完了している。ランニングコストでは
事故が無ければ、安価に電気を供給できる。現状の国内外での状況では、超高齢化
生産人口減少、税収の減少、福島への対応、FIT対応へのコスト高などで、日本は
余裕がなくなってきている。来年の電力自由化でコストの低下は見込めるがかまだ、
未知数でもある。原発0で、そのまま電気代に上乗せすると製造業を中心と
したコスト高が発生して、国際競争力は低下する。全体のGDPも押し下げる結果を
もたらす。負の循環へと向かう。

現状は、新しいステージへの過渡期である。
(残念であるが、今の政治・経済力では先行きが見えない)
重要なのは、日本人・日本国内では@〜Bを克服するのは容易ではないと仮説
が立てれる。原発に頼らない動きを早急にすべきである。
(個人的な結論、原発フェードアウト、考え方:中庸)
あり方としては、
    step1 数年後
  1.送配電を世界とつなぎ、中国韓国アジアなどから買電
    (目的:電力自由化の競争相手増)
  2.樺太から天然ガスのパイプラインをつなぎ買ガス
  3.新エネルギー普及の実証実験(水素が先行、メタンハイドレードなど)
  4.バイオ、地熱、太陽、風力発電などの普及率向上(効率が
    良い場所に特化、日照率、風の安定供給、地熱の安定供給など)
    step2 10数年後
    <国内>
  5.メタンハイドレードの利用
  6.新エネルギー水素燃料の本格普及
      <海外>
  7.送配電の相互供給(売買電)
  8.日本主導の水素社会の世界標準化

ステップ1,2を早急に進める必要がある。安心安全、シンプルなエネルギー供給
を「全ての国民と議論」すべきである。

環境プロデユーサーのミッション:皆様の声を拾い上げ、議論、合意形成のプロセスをスピードよく、結果を出す。中庸を重んじて、地域をプロデユースがミッションである。



posted by いっし〜 at 18:42| Comment(0) | 地域プロデュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: