2017年08月23日

アイデア発想 スキル その1−1(*価値創造関連)

アイデアソンが愛知県で、多くが開催されています。

うれしいかぎりです。

自分は、FAJ(日本ファシリテーション協会)創設者の堀公俊先生(大好きな方です!)の本を参考にしています。
1〜6章までありますが、
1:情報取集のフレームワーク
2:自由発想のフレームワーク
3:視点転換のフレームワーク
4:発想支援のフレームワーク
5:試作検証のフレームワーク
6:評価決定のフレームワーク
になります。
まずは、情報取集のフレームワークを1個1個やります。
1.カラーバス
  何かを意識する事で、関連する情報が無意識に飛び込んでくる現象を指す。
 「今日のテーカラーは赤」、赤がたくさん目に飛び込んでくる、「知覚の選択性」である。
 情報集めに大切なのは、「課題、目標、関心といったテーマ(問題意識)を持つこと」

そこから、みんなの発見をわかちあう。
STEP1     STEP2    STEP3    STEP4
 情報共有 ⇒ 感情の共有 ⇒ 意味共有 ⇒ 方針の共有

で、情報収集のフレームワークです。wq

以上
価値創造プロデユーサー
       石神勝博
posted by いし at 15:56| Comment(0) | 価値創造
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: