2014年03月31日

数学の産業応用

数学の産業応用について、簡単に言うと、数値解析である。

車の流れを、流体と見立てて、数値解析をすると。。。確かに、流体である。
色々な、不確定要素が出てきて、今の交通状況である。この不確定要素こそ「人」で
なかろうか。。。人に頼った運転は、流れをダメにする事である。
人の運転から、自動運転につなげる事こそ、グリーンモビリティーイノベーション!

SANY0993.jpg


SANY0992.jpg

<余談>
生物学で考えると、個々の生物同志は最適化はかるため、ある程度の距離を保とうとするが、
それをあえて、凝縮すると、個体のようになる。その詳細は、理解できなかったが。。。
人の動きに関係あるのであろうか?

環境プロデューサー 石神勝博



posted by いっし〜 at 17:28| Comment(0) | 価値創造
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: