2019年07月01日

【190630】大阪トラック スパーシティ スマートシティ構想

190630】大阪トラック スパーシティ スマートシティ構想

G20大阪トラック宣言
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/190628/mca1906281317009-n1.htm
スーパーシティ構想
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/supercity/supercityforum2019/supercityforum2019.html

G20で行われた、大阪トラック宣言。
日本主導デジタル関連のルールづくりである。

 データーの信頼性を保たないと、ボーダレスの交流が効率よくできない。
例えば、国境を超えたときの難民は、どう?その難民のアイデンティティーを確認できるかである。
今は、パスポートなどが存在しているが、難民にそのようなものはない。
事前に、国が、個人が登録をしとけばいいことである。信用信頼がある、プラットフォームである。現状、ブロックチェーン及び分散型台帳技術のプラットフォームを使った、実証実験をしている。個人認証、個人データーなどがボーダレスでできる仕組みである。

 そのやり取りを、世界中でできればいいことである。現状、インターネットなど今後は、5Gなどの有線無線の通信網ができあがる。或いは、衛星を使って宇宙を介してやり取りができる社会になりつつある。

 ある意味、ボーダレスである。技術的には、だが、現状はルール、決まりごとがバラバラである。ある、IT巨大企業が、通信からデーターまでシェアをしめてします可能性があり、現実にGAFAなどの企業が、占有している問題がある。今後は、中国もそうである。フォアウエィ(為華)、アリババなども今後、仲間入りする可能性が高い。

 でも、それらの仕様、ルールはバラバラである。早急な整備をしないと、一部の企業、国家企業に牛耳られるし、コントロールされてしまう。色々な、面で問題があり、今後拡大する状況を見据えて、ルールづくりである。流通のトレース、効率化もWTOにとって重要なことであろう。

 スーパーシティ、スマートシティもデーターが中心になり、スマートな都市、地域を作り上げることである。その中で、データーのやりとり、信用信頼の安全性が担保される必要性が高い。

大阪トラックとスーパーシティ構想は、並行して行わなければいけない。

今後の、重要な取り組み、問題点は、「人財」不足である。

よく見るのは、企業が流行りにのる、政府が関係者にやらせるなどは、縄張り争いが起き

「情熱」「質」 を低下させる。

はじめから、現状をリセットして「情熱」「質」を重要視する仲間でやるべきである。

大阪が中心になり、現状をリセットしてつくりあげてほしい。

仲良しこよしのチームでは世界で勝てる、チームにならない。

先ずは、つぶしあいでなく、切磋琢磨。
posted by いっし〜 at 18:57| Comment(0) | 世界事情

2019年03月07日

【190307】ミャンマーの重要性(私見)

【190307】ミャンマーの重要性(私見)

個人的な考えで、ミャンマーの重要性をひしひしと、感じている。
直観力というなら、そうかもしれない。

論理的にどうだろうか?基礎データ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/myanmar/data.html
https://ecodb.net/ranking/imf_ngdpd.html

https://www.populationpyramid.net/ja/ミャンマー/2017/

https://www.globalnote.jp/post-1555.html


地政的には、どうなのか?一部のみ。

<写真>
190306 ミャンマー.jpg


ミャンマーの周りの国で約32億人規模の、GDPだと、約15兆ドルの経済圏(2017年)になる。
歴史的にでは、中国とインドとの覇権争いが激しかったが、中国が一歩先をいっていたのが現状であり。かなり印中は衝突している。
今後として、中国がアメリカをGDPでは2030年までに抜き、そのあとは、印中米の1,2、3位争いになると予想されている。(歴史的にも中華圏が世界の経済を牛耳っていたので歴史は繰り返す)

image.jpg

今後として世界の1,3位がアジアに存在することは、大きな衝突の原因になるだろう。
印中の争いの緩衝国を「ミャンマー」として、中国の一帯一路の完成度もミャンマーを制するかで大きく違ってくるだろう。ミャンマーからの、サービス、製品もインド、中国、東南アジアへ多き影響を与えると考えられる。他に、TPPにもミャンマー加盟してもらうことが重要かも。。。
よって、「ミャンマーには大きな可能性が秘めている」と仮説をたてられる。

日本は、「ミャンマー」から色々と発信できるインフラなどを構築すべきである。
現状、金融は
大和総研のレポート(こんなのみつけた)
https://www.fsa.go.jp/common/about/research/20130709-1/01.pdf

大和総研、富士通
https://www.myanmar-news.asia/news_bdHVeNwckQ.html
金融システムを進めているが、そこに個人的には、

日本主導の
「ブロックチェーン(分散型台帳技術)」のインフラ(基盤)を整備することを提案したい。
*ここの部分は、環境経済両立型ブロックチェーン(分散型台帳技術)<仮名>で別ブログで技術提案

中国より「より良く より早く より安く」

オールジャパンでできないだろうか?

ブロックチェーン(分散型台帳技術)をがんばります!

追記:昨日、ミャンマーの方が日本に来られていて、感じたのは中国との関係がより一層、強くなっている感じた。中国の力はすごいので、時間はないかもしれない。
posted by いっし〜 at 15:24| Comment(0) | 世界事情

2018年12月03日

【181130】サイバーテック 企業の状況

【181130】サイバーテック 企業の状況

デロイトのモデルオペレーション

KIMG0877.JPG

サイバーテック企業の状況。アメリカ、イスラエルでの半分以上。
日本は2%。

KIMG0884.JPG

サイバーテック企業群

KIMG0879.JPG


価値創造プロデューサー
      石神勝博

posted by いっし〜 at 18:49| Comment(0) | 世界事情