2019年04月30日

【190430 価値創造】グランドデザインを描ける土壌

【190430 価値創造】グランドデザインを描ける土壌

平成が終わるので、令和に向けて。

価値創造の中で、あらゆるステレオタイプ的な固定観念を取っ払った「創造」をする。あるいは「妄想」をすることである。

自由に発想をして、自由に考える。時には、自分の考えに受粉(新しい考え)してもらう。
そこから、生まれたものをどう、実現できる。実行できるかである。

実現できる。実行できる。邪魔を除いてゆく事が、今、重要な時期と考える。

例えば、寄付制度。ブロックチェーン技術の一つである、トークン(ある種の電子コインみたい)を発行してそれを寄付にする形である。電子コインを寄付として購入して、支援したい人にわたす。ネット上で寄付をする。ネット上でわたし、受け取る。シンプルかつスマートである。そこに法定通貨との換金する仕組みがローコストで、手数料がほぼ0にすれば、多くの方が寄付をする。寄付をしたら、所得控除の対象に電子空間で扱われる。

スマートかつシンプルでコストもかからない。なぜやらない?
規制など、管理側の都合である。一部でも、PoC(実証実験)してみたらいいのである。税金を徴税する。そもそもが、理解できることである。素晴らしい取組ではないだろうか?電子化で、寄付金の使われ方も、オープンになり透明化されるのである。

大きな課題である。スマートかつシンプルな「価値創造」の取組が多く存在しているのに、今の規制を考えて物事を行われなければいけない。世の中のために、なるであろう仮説がたてられる内容でもある。

本質をついた「価値創造」をするためには、ハードルがあり、それも一部の人を守るためのハードルである。そこを改善、改革しないと中途半端なもの、サービスになり世界の市場に売れるサービス、製品になり得ない。モノづくりも全く同じである。日本国内の基準(時間軸、品質、コストなど)で考えて「正」とする事を、改めることである。

製品づくり、事づくりで「イミテーションから妥協がないインプルーブ(改善)がイノベーション(革新)」である。範囲(ドメイン)にも左右されない。

それが、できる「制度」「仕組み」が本当の「価値創造」のはじまりでなかろうか。
自由な発想でグランドデザイン(価値創造)を描き、実行、実現できる土壌。

以上
価値創造プロデューサー 石神勝博
posted by いっし〜 at 15:13| Comment(0) | 価値創造

2019年03月26日

【190326】和を以て貴しとなす

【190326】和を以て貴しとなす

和を以て貴しとなす*1

以前、中国の友達に言われたことがある。「中国人の1000人より、日本人の100人が恐い。」理由を伺うと、1000人の中国人が集まると、争いばかり起こり、まとまりがない。逆に日本は、100人集まり、協力をして助け合う。

自分は、「日本人の強み」と思っている。日本人が再度、世界と競争して勝つためには、原点に戻るべきだと思っている。しかし、現状の環境は大きく変わっている、企業もグローバルになり、世界中から異文化、異邦人が来日、滞在している。宗教、伝統、風習、容姿、言葉、性別(LGBT)などが異なり、「新しい価値」がどっと入ってきている。多様性を認めるべきだと。

そもそも、「和」を重んじる日本人は多様性がある民族でなないかと、仮説を立てている。

立証するためには、「新しい価値」の理解を広めることである。しっかりと、「教育」で教える。細かなことを書くと、中国人は「面子」を重んじる、「医食同源」が強いなどなど。偏った先入観を与えずに一般的な事を習い、直接、中国人などの外国人とテーマをもってディスカッションするなど、「教育」の一部にすればよいことである。
個人的には、外国人とも「和」を形成する力を日本人は持っている。相撲など、料理、技術など新しいモノを取り入れる力は素晴らしいものと感じている。歴史的にも、日本は極東で色々な民族のDNAを持っている雑種ではないか?

日本国で自分は面白い「PoC(実証実験)」ができると強く感じている。

仮説通りなら、「日本は世界を取り込む」地域になり、もっと面白い「新価値」を発信できると強く思っている。

*1「人々がお互いに仲良く、調和していくことが最も大事なことであるという教え。
聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条に出てくる言葉。
『礼記』には「礼は之和を以て貴しと為す」とある。
「和」の精神とは、体裁だけ取り繕ったものではなく、自分にも人にも正直に、不満があればお互いにそれをぶつけ合い、理解し合うということが本質ではなかろうか。」


posted by いっし〜 at 11:10| Comment(0) | 価値創造

2019年03月08日

【190308】ブロックチェーン(分散型台帳技術)× エネルギー(環境) 環境経済両立型ブロックチェーン(分散型台帳技術)構想<仮名>ver00

【190308】ブロックチェーン(分散型台帳技術)バツ1エネルギー(環境)
環境経済両立型ブロックチェーン(分散型台帳技術)構想<仮名>ver00
*未完成なので随時アップデート(サマリーのみです、一冊の本になります)


「環境と経済の両立」には、
ブロックチェーン(分散型台帳技術)とエネルギーが、重要な要素であると仮説を立てています。

 ↓
過去のブログから
http://blockchain.sblo.jp/article/184274344.html?1551771982

概要を書いていますが、具体的な事は、
エネルギーがどのように使われていることを、先ず知ることである。

【ブロックチェーン(分散型台帳技術)基盤構築ステップ】
<図>
スライド2.JPG


ステップ0:国内電力ブロックチェーン基盤
     発電場所と電力がどこで使われていることを知る。


基盤技術:ブロックチェーン(DLT)基盤として、プライベート型ブロックチェーン(DLT)を先ずは実証として用いる。
*重要*電力網を用いて、分散型データーベースを構築する考えである。どこのデーターベースを使えるなど革新的な技術を用いるのか?大手クラウドなどを使うのか?色々とPDCAを回す必要はある。

詳細:前提としてスマートメーターの設置が必要。スマートメーター使ってデジタル形式で電力の使用量がわかる。電力売買自由化を利用して、ネット上で電力売買を電力提供会社と売買をする。個人的には、ハード(電力網)でクローズされた世界であるので、本格的な実装ができやすいと思っている。(イーサーネットの概念でサイバーセキュリティーが担保できるのと、実証がし易い)まずは、クローズされた電力利用者のみのプライベートブロックチェーンで行う(電力網プラットフォーム)と言いえる。さらに、日本は島国で日本全体での電力網をつないだやり取りで、ブロックチェーン(分散型台帳技術)は大きく活用できる。先ずは一つの、ハード的なプラットフォームが電力網で完成する。


ステップ1:国内電力+金融ブロックチェーン基盤 
    あらゆるデーターの収集。(ステップ0とパラレルで)


5G、IoT、キャッシュレスなどを大きく推進してゆき、人の動きなどのデーター蓄積も行う。例えば、人それぞれの購買記録、店で買ったのか?ネットで買ったのか?自家用車で移動したのか?交通機関で移動したのか?エネルギーの使われ方が違う(トヨタの原単位表を作るイメージかも)「ひと、もの、かね、情報」の動きをエネルギー換算することである。とうぜん、第一次産業、2次、3次もエネルギーの見える化のため、あらゆるデバイスの状況を把握できるなど双方データー収集を行う。


ステップ2:国内スーパーシティブロックチェーン基盤
     自律分散型エネルギーなどデーター利用へ


ステップ0で得られたデーター活用で、エネルギーの作り方を再構築させる。
大容量が必要な都市部、工場群などは大型発電設備、ベットタウンなどは、自然エネルギーを用いた自立分散型エネルギー(参考:イメージ図)などを再整備させる。
ステップ1であらゆるデーターを蓄積することで、分析が可能になる。個人が車で移動なのか?交通機関での移動なのか?コスト、時間などで

<イメージ図>
スライド3.JPG

ステップ2.5:信用信頼+エネルギー使用量=貨幣価値へ

ステップ2と2.5はパラでできればいいが、科学技術の発展と規制などの環境整備をみながらの動きになるかと思う。 科学技術より規制がネックになるかと思うので、大きな政治的な変革が必要であり、「超特区」「道州制」など国、地方の形を大きく変化させないと、理想的な「スーパーシティ」はできないであろう。また、世界的な排出権などの炭素に値段?関係性が必要なので新しい価値基準として「世界標準化」に向けた動きも重要である。

ステップ3:海外スーパーシティブロックチェーン基盤
     海外展開(台湾、韓国、ミャンマーへ)


ステップ0〜2を構築することで、スーパーシティが構築できるので、システムとして海外展開をはかる。先に、インフラ基盤のベースは中国、海外より早く導入することであるかと思います。重要な考えとして、当然、海外には電力、金融インフラが先に、整備されるので電力+金融の基盤構築を目指す。

<時間軸>
ステップ0〜1: 〜2021年
ステップ1〜2: 〜2025年
ステップ2〜3: 〜2030年
最後に、まだ、暫定的な内容ですが、Ver00としてアップデートしてゆきます。

「環境と経済の両立から融合」は、エネルギー視点でのデーターを征することである。

posted by いっし〜 at 15:50| Comment(0) | 価値創造