2017年02月01日

水素エネルギー社会形成研究会でのインプット

日時:平成29年1月31日午後1時30分〜16時20分

<インプット内容>
講演1:「アンモニアからの低炭素水素製造とエネルギーキャリアとしてのアンモニア」
    昭和電工:栗山さま
講演2:ブラザー工業の燃料電池
    ブラザー:久野さん

講演会1 アンモニア価格(2016年約500ドル/トン と) LNG価格(約450ドル/トン)
に相関がある。将来的には、海外から大量に水素が入ってきたら、なくなるそうです。
モチベーションがないですね。
熱量的には、アンモニアが17円/kg(現状約50円)になると採算コストが成り立つらしい。
(計算根拠:LNG1kg 41円/kg
 LNG熱量=54.5MJ./kg アンモニア=22.5MJ/kgなので、LNGと同じ熱量コストパフォーマンスは、アンモニア価格は41円×22.5/54.5−17円/kg)

講演会2 
ブラザー工業の新しい燃料電池の件、
コスト面でブラザー燃料電池装置
     @ボンベ :10万円/台
     A発電ユニット:約200万円(700w)
     B燃料ユニット:約300万円(ボンベ― 24本×10万円/本)
     B搬送コストなど:充填2000円〜3000円
     D使用:約1日分(1世帯)

イニシャルコストは、約500万円、ランニングは、?(輸送方法、充填など何も決まってない)
原単位は、出せない状況だが、コスト削減と仕組みづくりを考えたらかなり先である。
輸送方式に関わる、ボンベを水素吸蔵合金にしたメリットは?なぜ、樹脂製(カーボン)ボンベでない?

posted by いっし〜 at 11:37| Comment(0) | 日記

2017年01月29日

シンガポール 国際金融センター

シンガポールは国際金融センターであるが、今後としてどう動くか?
まー、シンガポール(MAS≒中央銀行)はブロックチェーンを用いた実証実験がはじまっているからな。。。

シンガポール
  シンガポールは、ビジネス、金融、イノベーション、フィンテックにおける東南アジアのハブ
   ビジネス環境ランキング(2017年度版)
     1位 ニュージーランド
     2位 シンガポール
     34位 日本ちゃちゃちゃ><
   フィンテック国際拠点ランキング
     1位シンガポール、ロンドン
     3位ニューヨーク
     4位シリコンバレー
     5位香港
     6位韓国 日本対象外><

  シンガポールは、政策で進めている(イノベーション政策からエコシステム構築)
  色々な優位性をつくる事を、政府が後押し。(人口560万人。。。愛知県より小さい)

  ザ・フーチャー・シンガポールを立案、スマートネーション構想

  重要な経済政策は、「フィンテック」で世界を獲る。
  *イノベーション関連の省庁を設立
  例:通貨金融庁などが主体で、ブロックチェーンの実証実験をはじめている、
    情報通信メディア開発庁で、ICT推進ですね。
    
  それに関係する企業の研究所も、多数設立。(こわいこわい)

posted by いっし〜 at 13:02| Comment(0) | 世界事情

2017年01月27日

【世界事情】世界のイノベーション・エコシステム

世界のイノベーション・エコシステム

1.シリコンバレー
2.イスラエル
3.シンガポール

1.シリコンバレー
  (1)人種のるつぼ:シリコンバレーの人口の37.4%が外国生まれ
     白人系35% アジア系32% ヒスパニック系26%
     アフリカ系2% その他4%(2015年)
  (2)成功企業の多くは移民一世の創業
     eBay Inc. フランス出身、Google Inc.ロシア出身
     Yahoo Inc 台湾出身、YouTube 台湾、ドイツ出身などなど
   (3)生活水準
     シリコンバレー:平均$98,535
全米     :平均$53,657(2015年)全米の約2倍弱
  シリコンバレーで挑戦するためには
     シリコンバレーとは
       @世の中の課題解決に向かいながら(Need)
       Aお金を稼ぐアイデアと能力を持った人が(Idea)
       B必要な技術や資金を持つ人と出会い(Network)
       C持ってるもモノを出し合って(Give&Give)
       D化学反応しながら世界を獲る(Growth)
                可能性を持てる場所。
    日本と、全然違うのはスピード感
       目の前で、決済、数日で決済(即決)をしないといけないスピード
       それを、全てビジネス英語(交渉、調整、クレーム処理など)
       裏をかえせば、世界標準のビジネスマナー、知識が必要(貿易、パテントなど)
2.イスラエル
   シリコンバレーとの違いは、
   起業面:シリコンバレー プレイヤーは世界中
       イスラエル   メインはイスラエル人(社内共通語は英語)
   ステージアップ:シリコンバレー シリコンバレー内で完結
           イスラエル   @大型の資金調達はシリコンバレー
                   Aものづくりは他国で
   人材:シリコンバレー 多国籍
      イスラエル 多国籍なイスラエル人、狭い同窓会社会
   起業:シリコンバレー Establised
      イスラエル   バラガン(ピンキリ)
   人材:シリコンバレー 多国籍
      イスラエル 多国籍なイスラエル人、狭い同窓会社会
   EXIT:シリコンバレー 起業して成長して、ビル・ゲイツのように成功したい
      イスラエル 起業して成長して、ビル・ゲイツのような人に買われたい
   国際社会におけるイスラエル
   文化・歴史 ユダヤ教のもと、多国籍のイスラエル人
   地政学
   米国との関係(中東における米国式価値観)
   不安定な中東情勢(重要) 同窓生は、徴兵時の軍隊内の村社会(就職にも影響)
   名古屋のサン電子が、暗号を解いたのはイスラエル人の暗号解読部隊
   
 イスラエル人は、数年先を考えない、毎年国があるだけで、日本式な中長期的な考えは
 ない、技術面は軍隊と直結。人口800万人(大阪、愛知県なみ)
 イスラエル人は、アイデア抜群(常に効率化を求める)、行動力がある(自分がやらねば誰がやる)
 失敗を恐れない(失敗は成功のもと) Productivityを重要視している。

3.シンガポール
  シンガポールは、ビジネス、金融、イノベーション、フィンテックにおける東南アジアのハブ
   ビジネス環境ランキング(2017年度版)
     1位 ニュージーランド
     2位 シンガポール
     34位 日本ちゃちゃちゃ><
   フィンテック国際拠点ランキング
     1位シンガポール、ロンドン
     3位ニューヨーク
     4位シリコンバレー
     5位香港
     6位韓国 日本対象外><

  シンガポールは、政策で進めている(イノベーション政策からエコシステム構築)
  色々な優位性をつくる事を、政府が後押し。(人口560万人。。。愛知県より小さい)

  ザ・フーチャー・シンガポールを立案、スマートネーション構想

  重要な経済政策は、「フィンテック」で世界を獲る。
  *イノベーション関連の省庁を設立
  例:通貨金融庁などが主体で、ブロックチェーンの実証実験をはじめている、
    情報通信メディア開発庁で、ICT推進ですね。
    
  それに関係する企業の研究所も、多数設立。(こわいこわい)

1,2,3から怖い怖い。(政府と地域風土でのスピード感が違いすぎる、比べるところは悪いけど)
posted by いっし〜 at 10:35| Comment(0) | 世界事情